2011年01月30日

追い出されてきた神さま。(郁丸)

ええっと、
新潟に神さまが多いのは、
開発に伴ってというか、
集落数が多かったからかもしれません。

一集落一氏神様。


ダメな神さま?
ダメといったらバチがあたりそうですが、
新潟市の白山神社の裏の蛇松明神さま…
この神さまはもともと、五泉(旧村松町)の
慈光寺のある山で、暴れていた大蛇だったのですが、
慈光寺のお坊さんの法力に負けて逃げたんですね。
それで、能代川・小阿賀野川・信濃川と
海に向かって逃げているうちに
力がなくなっておぼれてしまったらしいんです。

最後の力だったのかな?
神主さんの夢まくらに立って「助けてください」と。
美人に化けてお願いしたんですね。
「助けてくれたら白山さまの氏子さんを守りますから」
と、誓約して。それで助けてもらった神さまです。
蛇を助けて、松にかけて置いたら、
力が復活したんですね。
松の皮が蛇の鱗のようになったので「蛇松明神」。
今は松がご神体のようです。


ばちがあたると悪いんで、後で卵を供えなきゃだめですよ。
卵供えたら、お金持ちになるらしいですよ。
posted by 新潟アーモンド at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい加減な神様もいるじゃない

諏訪は開拓殖産の神さまなので、
新田開発とか新しく開拓された地に
諏訪の神さまを勧請することが多いらしいです。

そりゃあ、新潟は多いわけだ。
なるほど。
神社の数が日本一というのも頷ける。

神さまに順番付けられませんよー。

気持ちは分かるけど、ダメな神様もいるんでしょう、きっと。


ところで、新潟にも様々なお祭りがあるけど、
みんな神様と何かしら関係があるわけでしょ。
そもそも、五穀豊穣を祈願して・・ってことでいいんですよね。


posted by 新潟アーモンド at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

新潟の神社(郁丸)

神さまに順番付けられませんよー。
ごめんなさい。ちょっと保留で。

奴奈川姫の場合、「古事記」に登場するので
他の神さまとはちょっと性格が違いますよね。

それから、春日大社と鹿島神宮みたいに、
名前が違っても武甕槌大神が祭神というように
祭神が同じ神社ってたくさんあるんですよね。


諏訪大社の件ですが、
諏訪は開拓殖産の神さまなので、
新田開発とか新しく開拓された地に
諏訪の神さまを勧請することが多いらしいです。
posted by 新潟アーモンド at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。