2011年09月05日

妖怪と虐待

9月11日に行われる「水と土の妖怪まつり〜いたずら編〜」

妖怪は様々ないたずらをしますが、

そもそも、「なぜ、いたずらをするのか」が気になります。

「いたずら」が度を超すと「いじめ」になり、

「いじめ」が度を超すと「虐待」になります。

ひょっとしたら、妖怪そのものも過去に嫌な思いをして、

その仕返しをしているのでは?

そんな想像が働きます。

その辺はどーでしょうか。
posted by 新潟アーモンド at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。